top of page

半投半住スタイルの億ション

近年、新築マンションの高騰が続いてます


23年の首都圏新築マンション価格は

前年比28.8%増の8101万円となり

過去最高を更新しました


東京23区に限定すると、

前年比39.4%増の1億1483万円となり、

1974年以降で初めて1億円を突破しました


平均世帯年収(545.7万円)の20倍を上回り、

まさに夢の億ションとなっています


ただ「一生の買い物」という概念は

薄れているようです


将来の売却を念頭にした投資商品として

捉える半分投資、半分住居の

「半投半住」スタイルが定着しつつあります


この場合のマンション購入は「消費」ではなく、

将来、さらに価格が値上がりしたときに販売する

「投資」目的も兼ねているのです


こうした投資商品としての側面を

持つようになったことも

マンション価格高騰の一因です


インフレの影響って大きいですね

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page