新たな富裕層ビジネス展開

国内大手証券会社が新たな富裕層ビジネスを開発しています。


ある会社は東京都内の不動産物件を小口化した2000万円から投資できる商品を開発しました。



また他の会社では金融資産20億円以上の超富裕層専用の投資信託や債券を開発中です。


通常の営業店では取り扱わない高額な商品です。



証券業界ではネット証券を中心に株取引手数料の引き下げ競争が激化しています。


そのため、


店頭型証券は超富裕層向けビジネスを成長分野として強化を図っているんですね。


資産運用の窓口となる証券会社選びも重要なポイントになりそうです。

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示