• 矢崎雅之

会社が大事にすべき人の順番とは

2018年1月の週刊ダイヤモンドに、法政大学の坂本光司教授の

「いい会社」についての記事がありました。


約8,000社の企業経営を見てきた坂本教授の指す「いい会社」とは、

手短に言えば「人をとことん大切にする会社」のことです。


私も間違いなくそうだと思います。


坂本教授が持続する「いい会社」に共通する経営の10個の特徴を

挙げておきます。


1、人を大切にする経営を実践している


2、価格競争ではなく、付加価値競争経営を実践している


3、年輪経営を実践している

  急拡大、急成長は求めない


4、他に依存しない、自主自立の経営をしている


5、ある分野に特化せずバランスの良い経営をしている


6、ワンマン経営ではなく全員参加型経営をしている


7、何も隠さないガラス張り経営をしている


8、情報発信力の強い経営をしている

  大きな市場に挑戦する広域商圏企業


9、好不況にかかわらず、人財の確保と育成に注力している


10、成果主義にこだわることなく、大家族的な経営を実践している


以上の10個です。


人を大切にするといっても、甘やかすということとは全く違います。


会社にとって一番大切なのは、「顧客」ではない。


会社にとって大事な順番は


1、「社員」

2、「関連企業・取引先・下請け先」

3、「顧客」


私はこう思っています。


            

          (参考:週刊ダイヤモンド2017.12/30・2018.1/6号)




35回の閲覧

​海外積立投資の必要性

YAZAKI FP OFFICE (IDEACREEK CONSULTING)   

Copyright © 2020yazakifpoffice  ideacreek consulting. All Rights Reserved.